コールセンター 正社員

初めての転職活動にあたり、オフィスワークを希望している方はどんな職種に就くかもうお決まりですか?

オフィスワーク・デスクワークと言っても事務・経理・総務・人事など様々な選択肢があり、ぼんやりとしたイメージしか抱けない……という方も多いことでしょう。

今回は、初めて転職する女性にオススメの職種から「コールセンター」をピックアップ。仕事内容や給料の相場、求人事情、メリット&デメリットなど知っておきたいポイントをたっぷりご紹介したいと思います。

コールセンター正社員の仕事内容&給料の相場

顧客からの問合せに対応するコールセンターは「クレーム処理班」というイメージがありますが、企業の戦略・マーケティングや商品・サービスの改善には必須といえる職業です。

質問・疑問・感謝の声からクレームまで、内容を問わず利用者の声がダイレクトに届く立場であるため、あらゆる企業に欠かせない窓口となっています。

コールセンターときいて真っ先に思い浮かぶのは「テレフォンオペレーター」ですよね。お客様と直接会話をするオペレーターには2種類あり、「インバウンド(受電)」と「アウトバウンド(架電)」に分けられます。

インバウンドの主な仕事内容は、注文受付・問合せ対応・クレーム対応・アフターフォロー等の電話を受けること。

アウトバウンドの業務は、キャンペーンや新商品のお知らせについて顧客に電話をかけたり、アンケート・市場調査として一般家庭に架電するケースが多く見られます。

正社員の給料の相場は?

コールセンターで働く正社員の月給は平均24万円。平均時給は1300円となっています。
初任給は20万円前後で、年1回の昇給・年2回の賞与がある会社が一般的です。

30代はリーダー、40代はSV(スーパーバイザー)とキャリアアップすることで役職手当がつくことも。正社員の魅力はなんといってもボーナスがつくこと。SVクラスになるとボーナスを含めて年収400万円以上。500万円代も夢ではありません。

コールセンター正社員を募集している主な業界や求人の多い地域は?

実は、コールセンタースタッフは頭数が求められるためアルバイトやパート、派遣社員・契約社員としての雇用が圧倒的に多く、正社員を募集している企業は限られます。しかし、正社員登用を積極的に行っている業界を知っておくことで、求人探しがグッとスムーズになるので心配はご無用です。

コールセンターの正社員求人が豊富な業界は、「流通・小売関連」「金融」「製造・メーカー関連」「医療・介護・福祉関連」「IT・通信関連」「サービス関連」など。
飲食業界やアパレル業界とは異なり、顧客からの問合わせがとても多い業界が人材を必要としています。

商品やサービスについて把握・理解しておくことが大切な仕事なので、企業側としてもやる気のある人に長く勤めてほしいもの。業界によっては景気が上向きになっている今現在、「正社員」という安定した雇用・サポート体制を整える会社が増えています。

コールセンターの正社員求人が多い地域は?

渋谷・新宿・六本木・浜松町・品川などの東京23区のコールセンター求人はたくさんあり、月給や時給も高めに設定されています。

そのほか、埼玉・千葉・神奈川といった関東圏は全体的に正社員求人が充実。神奈川県は横浜・川崎・厚木エリア、千葉県は海浜幕張エリア、埼玉県は大宮・熊谷・和光が狙い目です。

地方は名古屋・大阪・広島・福岡・長崎といった大都市に求人が集中しがち。しかし、転勤を望まない人の方向けの「地域限定正社員求人」を取り扱っている転職サイトもあるので、積極的にリサーチすることが大切です。

未経験からSVなどの上級職を目指すには?

コールセンターの正社員を目指す場合、基本的にはテレフォンオペレーターからスタートすることになります。

いわゆる「カスタマーサポート」「テレアポ」と呼ばれるポジションであり、勤務先企業の理念や商品知識・電話応対スキルを深めていく数年間の修行期間。昇給・キャリアアップが叶うリーダー・SV(スーパーバイザー)・マネージャーなどの上級職につくには、避けて通れない道なのです。

SV(スーパーバイザー)・マネージャーの主な仕事は、「オペレーターの教育・育成・マネジメント」です。特別な資格は不要ですが、しっかりと経験を積み知識を身につけた先輩として、後輩や新人スタッフをサポートできる存在でなければいけません。

もしすでにバイトなどでオペレーター経験がある方は、SV・管理・運営の正社員を募集している企業にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

一方で「正社員求人は経験者優遇のものばかり……」と感じた方は、「実務未経験OK」または「パソコン初心者歓迎」の職場で、派遣や契約社員から始めてみるのも一つの手です。

コールセンターで働くメリット&デメリット

コールセンターで働くメリット

◆未経験OK・初心者歓迎の求人が豊富
◆パソコン操作・電話応対スキルがみにつく
◆立ち仕事がないオフィスワーク
◆高時給&好待遇の求人が多数
◆休みを取りやすい・残業が少ない
◆時短勤務できる職場が多い
◆深夜・早朝・日中など勤務時間帯を選べる
◆服装自由・ネイルOKの職場が多い

コールセンターで働くデメリット

◆長く勤めても飛躍的なキャリアアップができない
◆毎日同じ業務の繰り返し
◆クレーム対応など精神的疲労を感じる
◆喉を傷めると仕事にならない

コールセンターはプライベートを重視したい人や、安定したデスクワーク
を希望する人にとっては天職です。業界によって差はありますが、事務職や営業などよりも圧倒的に残業が少ないのも魅力。

しかし、「慣れてしまえば楽な仕事」であるため「常に新しいことにチャレンジしていたい」という方にとっては退屈に感じることも……自分が仕事に求める条件をきちんと見直して、将来のビジョンを明確にしておきましょう。

正社員求人は転職エージェントで探そう

自分が本当にコールセンターの仕事に向いているかお悩みの方も、本格的に正社員求人を探したい方も、転職エージェントの力を借りるのがベスト。経験豊富な転職サポートのプロからアドバイスを得ることで、未知の可能性やキャリアアップのチャンスに出会うことができますよ。

転職エージェントではキャリアアドバイザーがカウンセリングを通してあなたにぴったりのワークスタイルやキャリアプランを提示してくれます。求人や企業の紹介・資格取得支援・面接シミュレーション・退職手続きのサポート・就職後のアフターケアなど、あらゆるサービスを無料で利用できます。

オススメは「DODA」や「リクルート」「マイナビ」などの大手転職エージェントに加えて、地域や業界に特化した転職支援サイトを併用すること。女性が働きやすい企業を揃えた「女性専用転職エージェント」もあるので要チェックです。

転職成功のコツは転職エージェントにあり

初心者・未経験から始められるオフィスワークの中でも高給与・好待遇を望めるコールセンターの仕事。求人内容は勤務先の業界・企業によって特徴がかなり異なり、正社員の募集はレアとなっています。

正社員としての活躍を目指すならば、SVなどの上級職を目標にオペレーターとしてしっかりと経験を積んでいく必要があります。

初めての転職活動では、リサーチするべきことの多さに誰でも混乱してしまうものです。無料サポートが充実した転職エージェントに頼りつつ、自分が理想とする将来ビジョンを実現する準備をはじめましょう。”