経理事務 未経験

金銭管理を引き付ける経理はオフィスで必ず必要とされるお仕事です。
頭脳労働が専門で、体力的な心配をしなくてもよいため、年齢を重ねても仕事を続けたい女性にとっては一度はあこがれるお仕事。
経理のスキルを身に着けて、安定した仕事に就きたいけれど、どうやって転職したらよいのでしょうか。

経理の仕事内容を具体的に知って、志望動機を練ろう!

経理の仕事は会社の金銭管理に係わるものです。主に以下のようなものがあります。

  • 日々の現金、預金の動きの管理
  • 各部署との収支調整
  • 伝票起票、伝票整理、帳簿づけ
  • 財務諸表作成
  • 決算処理
  • 税理士、会計士との打合せ
  • 資金調達

(会社の規模・経理担当者の人数によって以上のすべての業務を担当しなければならないのか、その一部を任されるのかは異なります。)

会社のお金の流れがわかるので会社の経営状態などを把握できるポジションでもあり、やりがいを感じられる仕事です。
コツコツミスなく仕事を積み上げられる人に向いています。

志望動機を書く際は経理の醍醐味や、経理向けの性格(数字に強い、慎重な性格で正確な仕事が得意)などを盛り込むと書きやすいでしょう。

資格なし、未経験から経理に転職するのは難しい?

経理の仕事は、お医者さんや学校の先生のように資格がなければできないというものではありません。
しかし経理の仕事はただ日誌にお金の出入りを記録していけばよいだけの単純なものでもないのです。

まず経理職ならは複式簿記形式での仕分け作業ができなくてはいけません。
多くの会社が会計ソフトを利用しているご時世ですが、会計ソフトを扱うにしても仕分けの知識がまるでないと厳しいです。

この知識は簿記検定の勉強をすることで取得ができます。
未経験応募可の求人でも、多くは応募条件に簿記3級もしくは簿記2級を指定してきます。
それは経理の仕事の基礎知識は現場で覚えるものではなく、入社時点で身に着けているべきという前提があるからでしょう。

経理に必要な知識は仕分け以外にも、決算書の作り方、税金の申告方法や年末調整の仕方など職場によってはかなり多岐にわたります。
そのため経理を募集する際は知識豊富な経験者が望まれるのです。

資格なし、未経験で経理に転職したいならば、簿記の資格を取得したり確定申告や年末調整についての本を読んだりして自己研鑽をすることが大切です。

アルバイト、派遣から経理の正社員を目指す方法

経理の仕事には、正社員のほか、契約社員、アルバイト、派遣社員、紹介予定派遣という様々な働き方があります。

経理未経験の場合、まずは非正規雇用の立場から経験を積んで正社員を目指すという方法があります。
契約社員やアルバイトとして雇用される場合は企業に直接雇われる形になりますので、仕事ぶりを認められれば正社員のオファーが来るかもしれません。

一方すでに正規の経理担当者がいてそのアシスタントという立場のまま仕事内容が固定されているのなら、より高い経理スキルを身に着けるのは難しいかもしれません。

正社員に応募する際はやはりどれだけ広い経理知識を持っているかを見られるので、非正規スタートを狙うならいろいろな仕事を任せてもらえる職場環境を見つけましょう。

例えば小さな事業所の経理です。
経理担当者があなたと先輩一人、という環境なら否応なくいろいろな経理作業をすることになるでしょう。
また派遣社員として働くならアドバイザーに経理経験を積みたいことを伝え、様々な職場を体験させてもらうとよいです。
派遣の場合でも、派遣先があなたを気に入れば正社員の打診がもらえることもあります。

経理に転職する際、重視される資格・スキル・経験とは?

経理に転職するなら、やはりどうしても必要なのが簿記の資格です。

未経験応募可の求人でも、最低限日商簿記3級程度の知識は要求されます。
簿記の受験資格は特にないので、経理の仕事を志望しているなら転職前にとっておいた方が無難です。

3級の資格ならば、1~3か月ほどの勉強で合格することができるでしょう。独学での取得も可能です。
しかし簿記3級の資格は割と簡単に取得できるため、余りアピールにつながらないかもしれません。
そこで時間に余裕があるならより高い2級や1級の資格取得を目指してみるとよいでしょう。

また、経理の仕事にはパソコン作業が必須となります。
とくに表計算ソフト(EXCEL)のスキルが高いと、重宝されるでしょう。入力スピードや入力の正確さも大切です。
これまで一般事務職やデータ入力の仕事をしたことがあるならば、パソコンスキルをアピールポイントに使うことができます。

また意外に思うかもしれませんが、英語のスキルも経理転職の際には重要視される場合があります。
国際的な展開をしている会社が多くなっているので、経理のデータを英語圏の子会社でも参考にする場合があるからです。
経理スキルと英語スキルを持っている人はまだまだ少ないので、英語ができることは大きな強みになります。英語に係わる仕事をしていた人は履歴書や面接でちゃんとアピールしましょうね。

20代、30代、40代、年代別未経験での経理転職対策

20代の場合

経理職が未経験でも20代ならば、将来性を買って採用される可能性が高いです。
若いのでやる気さえ見せればこれからどんどん仕事を覚えていける年と思われるでしょう。

そこで重視されるのは志望動機や自己PRの部分。
どれだけ本気で経理の仕事がしたいのかを見られるので、マニュアル通りのつまらない志望動機はマイナス要因。
オリジナリティをだして、しっかりアピールしましょう。経理という仕事について、どれだけ勉強してきたかも話せるとよいですね。

30代の場合

30代の場合、前職の経験をどのように未経験の経理分野に生かして行くのかを見られるでしょう。
会社としては30代ならば未経験でも即戦力として活躍してほしいという気持ちがあります。
社会人として仕事を完結させられる能力があるかどうかを審査されるはず。
経理に関係する部分だけでなく、責任ある仕事をしたり部下をまとめた経験などがあればどんどんアピールしましょう。

また年下の先輩とうまくやっていける人なのかというのも評価のポイントとなります。
未経験の仕事に就くのですから、年下からでも知らないことは素直に学べる姿勢も必要です。

40代の場合

40代で未経験の分野に挑戦するのはどんな仕事でも厳しいもの。
それでも部長や課長など管理職の立場で働いていた人ならば、人をまとめる力という面で採用担当者には魅力的に映るかもしれません。

また前職で経営者に近い立場にあった人ならば、会社全体のお金の流れにも敏感なはず。
ただ経理として入社するだけではなく、いずれは部署をまとめる管理職や経営のアドバイザーとして活躍したいという気概を持って、面接に臨むとよいでしょう。

未経験で経理職を目指すなら、自分で努力する姿勢が大切。

未経験でも経理職を目指すことができますが、そのためには簿記の勉強をしたり、パソコンのスキルを高めておくことが必要になってきます。

自分で努力して、知識をつけていくことが大切です。
経理の仕事に就いた後も、学ばなければならないことはたくさんあります。
経理は自己研鑽ができる人に向いている職業ともいえるでしょう。
それができる人ならば、経理職に就いた後もどんどんスキルアップしていけるはずです。
数字のプロを目指して、がんばってください。