ここ近年では、専業主婦よりも仕事をしながら子育てをするワーキングママと呼ばれるお母さんの割合が増えています。

女性が社会で活躍する機会が増えたことや、経済的な理由から仕事に励む家庭まで理由は様々ですが、本当に毎日大変な思いをしながら頑張っていらっしゃると思います。
なかなか両立が出来なくて困ったり、大切な仕事の日に子どもが熱を出したり、保育施設に預ける際に子どもが泣いて後ろ髪引かれる思いで仕事に行ったり…。
そして家に帰れば家事も待っているというハードワークですよね。

今回はそんなワーキングママについてまとめてみました。
今すでにワーキングママの方も、これから社会復帰を考えている方も、妊娠中の方も、ぜひご覧ください!

子育てしながら仕事をするメリットとデメリット

出産をして我が子と常に一日を共にする生活が続くと、いざ社会復帰するとなれば不安や寂しさが芽生える人が多いのではないでしょうか。
たくさんの葛藤の中で子どもを預け、仕事をするというのは想像以上に心身ともにハードでしょう。
そんなワーキングママのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • 収入がある
  • 仕事をすることで社会的地位や職場での居場所を作ることが出来る
  • 子育てから離れる時間ができることで、リフレッシュできることがある
  • 子どもの自立が早まることがある
  • 子どもにとって楽しい場所や好きな先生友だちができる

デメリット

  • 一日の時間配分が狭まりあわただしくなる
  • 子どもと過ごす時間が減る
  • 慣れるまで子どもと離れるのが精神的につらい
  • 子どもの体調で仕事を休む事がある

こうして挙げてみると、やはり収入が増えるのは大きいですよね。

経済的な理由から母親も働く家庭がとても多いです。
また、あらかじめ育休を取って産後決まった時期に復帰する人も多いでしょう。妊娠前まで頑張ってきた仕事を続ける人もいます。
そういった自宅以外での居場所ができるのはとても大きな環境の変化になります。
24時間「お母さん」としてしばらく過ごしていたのに、一人の女性として働くのは良い意味でリフレッシュできます。

ただ、やはり我が子との時間が減ってしまうことや、毎日どこかせわしなく過ぎていくのに抵抗がある人もいます。仕事で大切なことがある日に限って子どもが体調を崩す…というのも、ワーキングママあるあるですよね。

子育てしながら仕事を始めるベストなタイミングは?

出産前にあらかじめ産休・育休を取っている人は勤務先とだいたいの復帰時期を相談していると思います。
そういった人はそれまでに子どもを預けられる保育施設を探しておき、復帰の目処を立てておくといいでしょう。

専業主婦で子育てをしている人は、まずは家族でしっかりと相談してみましょう。
働き始めたい時期や、働く時間帯と頻度、保育施設に預けられそうか、など綿密に相談してから仕事を探しましょう。

これは当てはまらない子もいますが、保育施設に預けるなら子どもの年齢が低い方が新生活に慣れるのも早い傾向があります。
物心ついてからの年齢になると、寂しい・不安・悲しいなどの感情がしっかり感じ取れるようになっているため、保育施設になれるまで時間がかかることもあります。

保育園はどのように選ぶべき?

ワーキングママが一度は悩むのは保育園選びではないでしょうか。
今は待機児童問題も良く取り上げられています。都心部などたくさん待機児童がいる地域は保育園を選ぶのが難しいと思いますが、待機児童がいないところは自分で選ぶことが可能なこともあります。

認可・無認可や公立・私立など、選ぶ基準はたくさんあります。
園によって行事が多いところ、食育に力を入れているところ、はだし保育をしているところなど、特色もそれぞれ違います。
実際に見学をさせてもらい、園児や先生、園舎などを見てから入園を申し込むのが一番良いのではないでしょうか。一度はじっくり見学をしてみないと、思っていたのと違ったところに我が子を預けるのは不安かと思います。
できるだけ見学や先生の話などを参考にして、後悔しない保育園選びが出来るといいですよね。

仕事と子育てを両立するコツは?

実際に仕事をしながら子育てをしている人に話を聞くと、本当に大変な思いをしながら毎日を過ごしていることがわかります。
時間がないことに子どもにイライラしてしまったり、溜まった家事に溜息が出たり…そんな思いに共感できる人は多いのではないでしょうか。少しでも心身ともに楽に両立できるコツを少しご紹介します。

優先順位を決める

当日中または明日の朝までに必ずやらなければいけないことを優先する。掃除などは後回し!

平日の料理は手を抜く

配色サービスやキット食材、レトルトや冷凍食品を使うことがあってもいいと思います。
スーパーのお惣菜も使えますね。

家族の健康状態を把握する

誰か一人でも風邪をひいたら全員なるべく早く寝たり、手洗いうがいを良くして予防し、広めないようにする。

息抜きの時間を作る

欲を言えば毎日、最低でも週一日息抜きの時間を意図的に作る。10分ストレッチをするなどでも可!

よく家事と仕事育児を両立できないと悩む人が多いです。しかし、家事にも優先順位があります。

たとえば、ご飯支度は子どものためにもしなければいけませんが、トイレ掃除は毎日じゃなくでも生きていけます。そうして手を抜くということも、両立には大切かと思います。

すべて働きだす前と同じように家事をこなすのは難しいでしょう。
また、家族のだれかが体調を崩すと、家族内で移しあってしまうことが多くあります。
そうなる前に体調変化には気を配りましょう。

そして子育てと仕事の両立に一番大切といっても過言ではないコツは、息抜きです。

お母さんも人間ですから、疲れもたまるし発散したくなります。
時間が無い!という人は、寝る前に少し自分の好きなことを探してしてみるだけで疲れを癒せることがあります。

まとめ

仕事と子育てを両立し毎日奮闘しているお母さん、本当にお疲れ様です。
いろんな不安や疲れがある中、頑張っているお母さんの姿を子どももしっかりと見ています。
きっと自慢のお母さんとして子どもの目に映っているのではないでしょうか。

子どもとの時間が少なくなっても、子どもはしっかり保育園で自分の居場所を見つけ、新しい世界でたくさんの経験をするでしょう。
お母さんも安心して、仕事に向き合ってくださいね。