マーケティングという言葉を聞いたことはありませんか?
なんのことだかわからない、という人もいるかと思います。
横文字で少し難しそうな言葉ですが、実は日本で活躍している職業のことなのです。そんなマーケティングについて詳しくまとめてみました。

マーケティングとはどんな仕事?企画との違いとは

ここ近年でよく耳にすることも増えてきたマーケティング。一体何のことだろう?と思った人も多いのではないでしょうか。

マーケティングとは、市場の動きを調べて企画が考え出した商品などをより使ってもらうために宣伝・販売促進をして商品の良さや使い勝手を知ってもらうという仕事のことです。
商品と消費者を結びつけるための支店を考えるのがマーケティングといわれています。
細やかな気配りや洞察力・行動力が必要となってきます。

マーケティングと一緒によく聞くのが「企画」です。企画とマーケティングは同じでは?と思う人も少なくないでしょう。

企画とは、新しい商品やサービスを考え、提案し生み出していく仕事です。
消費者にはどのようなものが受け入れられるのか、次に消費者が必要としているものはどんなものなのか、など常にアンテナを張り巡らせている必要がある仕事で、アイディア力が求められます。

そんなマーケティングと企画は、似ているようで別の仕事です。
企画が新しい商品を考案し、マーケティングはそれらをどのようにして消費者に使ってもらうかを考えうるための策を練るのが主な仕事内容になっています。
企画とマーケティングが協力することによって、新商品や新しいサービスが世の中に出てくるのです。

マーケティングに必要な学歴やスキル、資格はある?

消費者に商品を使ってもらえるように提案するマーケティングは、営業の要素もありなんだか難しそうというイメージの人もいるかと思います。
しかし、実はマーケティングは学歴不問のことが多く、必ずしも四大卒でなければいけないといった縛りはありません。
未経験者でも、転職してマーケティングを始める人もいるようです。努力次第でつかめる可能性がある職業ということですね。

マーケティングに就くために、取得しておくと助かる資格がいくつかあります。
「ネットマーケティング検定」は、Webマーケティングの基礎についての問題が出題される試験です。
これがあれば、マーケティングの基礎知識も身につき働いてからも幾分スムーズに仕事がすすむかと思います。

「MBA(経営学修士)」という資格は経営学の大学院修士課程を修了すると取得することができます。
マーケティングや財務・組織などとても専門的に学ぶことができるので、就職には有利かと思います。
ただ、大学院まで進むのはなかなか大変ですよね。

ほかにも「中小企業診断士」という国家資格があります。
これは経営学や企業営業理論など、企業のが成長していくための戦略や知識についての問題が出ます。
国家資格なので、取得することで就職試験の面接でアピールできるポイントにもなるでしょう。

どんな人がマーケティングに向いている?

マーケティングに必要な学歴やスキル、資格はある?向いている人とはどんな人でしょうか。

まず、マーケティングは人と接することがとても多い仕事です。
自分の足で市場に向かい現地の人から情報を集めたり、企画などほかの部署の人たちとの連携もとても大切になります。

まずは、人と接するのが好きな人、というのが第一条件ではないでしょうか。
また、ポジティブで打たれ強い人はとても向いているでしょう。

マーケティングは、失敗や契約がうまくすすまないなど、断られること前提の仕事といっても過言ではありません。
断られても、次がある!と前向きにとらえ、次はどんな風に商品を勧めたらいいのだろう?と、向上心があることも大事です。
失敗で心が折れてしまう人だと、なかなかマーケティング業界で長く活躍するのは難しいことがあります。

そして流行など世の中の動きに敏感な人は、マーケティングでとても活躍するでしょう。
常に新しいものにアンテナを張り、好奇心旺盛でなんでも知りたいという人は、消費者が求めるものにもすぐに気が付けるひらめき力で、うまく提案できるのではないでしょうか。

どんな企業で活躍できる?

今の時代は大手の会社だとほとんどマーケティングの部署があるといわれています。
新しいものを生み出す会社はとてもたくさんのジャンルがあります。食品・化粧品・日用品・車関係・家電・ゲーム・アプリなど、身の周りにあるものすべてにマーケティングが関わっているといっても過言ではありません。

たくさんのジャンルがある中から、自分ならここで頑張れると思うところの求人を探してみましょう。
きっと自分に合った企業が見つかると思いますよ。

未経験でもマーケティングを探すには?

マーケティング業は、実は経験者優遇という会社が多いようです。
早く会社の力になってもらうために、経験者のほうがやり方がわかっていたり、前の職場で学んだ経験をすぐに発揮できるという利点があるからです。

そんな中でも、未経験ながらマーケティングに就き活躍している人ももちろんいます。
どうしたら未経験でも就職できるのでしょうか。

面接のときには必ず志望動機を聞かれるでしょう。その時に、なぜ自分はマーケティングに挑戦したいと思っているのか、会社のためにどのように働きたいのか、今後自分はもちろんどんな会社にしていきたいのかを具体的に話しましょう。
志望動機でどれだけ自分の熱意を伝えられるかにかかっています。

また、マーケティング業の求人がなかなか見つからないという人もいるでしょう。
求人を探すには、転職エージェントがおすすめです。マーケティングの求人が掲載されていることがあるものをご紹介します。

► マイナビエージェント
► DODA
► リクルートエージェント

ぜひ興味のある人は検索してみてくださいね。

頑張り次第で達成感!マーケティング業

マーケティングは断られることが多くとても気力が必要になる仕事です。
それでも、今はマーケティングに就いて商品やサービスを広めていきたいと考える人が増えています。

未経験は不利とされていても、頑張って就職し活躍している人もたくさんいます。
マーケティング業の人が感じる達成感は相当なものだと思います。
魅力たっぷりなマーケティング、気になっている人にこの記事が参考になることを願っています。